うつ病で、ちょっとだけ成長した、嬉しかった事。その1

はてなブックマーク - うつ病で、ちょっとだけ成長した、嬉しかった事。その1
Pocket

うつ病で、ちょっとだけ成長した、嬉しかった事。その1

045456
はい、何だかんだで、うつ病って悪い事ばっかりじゃない!と感じた事を記事にしたいと思います。もちろん病気だから治そうと誰だってするんだけど、その中でも楽しい事は必ず起きる。僕はまだ治った!とは言えない、そもそも心身的に下降気味の年齢なので、うつ病なのか老いなのか区別が付いてないところもありますが、うつ病になってから良い方へ変わった、嬉しいと感じた些細な事で、読者の方がテンション上がればいいなと思います。

 

精神論を良くも悪くも深く知ることができた。

「精神論」という言葉のイメージは、一般的に「根性で乗り切る」みたいなイメージがあるかと思いますが、身を持って精神が肉体を蝕むことを体験してしまった以上、良くも悪くも使えるものだな!と痛感してます。あまり信じてはいないんですが「引き寄せの法則」も100%嘘だとは思えない。考えた、感じたことは、時間が経ってから肉体に及びます。自分の身体は復活する!そう信じれば良くなるだろうしダメだ!と思えば悪くなる。良い方へ考える「裏付け」は「経験と自信」。うつ病になる前は、この辺をモヤっと捉えていたけど、今は確信して考えるようになりました。特に子供への教育には活用していきたい!

 

危険な考えを持つ人間に近寄らなくなったw。

何をもって危険か?がありますが、ビジネスの世界だと経営理念などを本気で考えている方には近寄らないようにしてますw。経営者のマスター○ーションに真剣に付き合わず「はいはい」と誰かのために動く方のほうが常識があっていいそういう方は人当たりが自然ですし。自分の意に反してビジネスマンな振る舞いしちゃってるやつは、必ず「意識高い系」でトレンディーな言葉を使って、最後は経営理念を唱えてきますw。私生活ですと、年相応、身分、性別相応の身だしなみじゃない方には警戒だけしてますw。個性の範囲もあるので、完璧に近寄らないって訳じゃないですw。地域活動で、髪の毛が黄色のオバちゃんが、セクシーな格好でハイテンションで何か作業してるとかいうのは避けてるだけですw。

 

無理してはダメ、休むスケジュールを考えるようになった。

無職ってことで、全てが自分の裁量に基づきスケジュールを立てるようにしているんですが、仕事をしているときは、デタラメなスケジュールばっかり引いてましたw。それで倒れたと言っても過言じゃない。初めから終わらないスケジュールを作り、さらに、それより遅延するw。テンションも下がるどころか、気力も体力も失せるんですね。上司まで機嫌が悪くなるし。で、退職してしまった今は、必ず「休む」ということを明示的にスケジュールに考慮するように心掛けました。墓参りの送迎、終わったら保護者会・・・。そんな日は、思い切って洗濯をしない!どうしても服が無いということは、まずないw。洗い物も面倒なら、翌日は紙皿でいいじゃない!と、休むことをスケジュールに入れると、休まないといけないので、なんだか気転も効くような気が・・・。してるだけですかねw。

 

子供の精神的な成長、シグナルが見えるようになった。

転んでもタダでは起きないが僕のポリシーですw。うつ病で倒れてしまった以上、とても繊細に子供の精神的な成長が見えるようになりました。最近、子供が夏休みに入ってダラダラしていたので、刺激を与えたんですが、特に変化が無かったんです。何となくイージーモードで物事を考える癖が付いていた、実際、夏休みの宿題は、妻や祖父母の脚色があるので、子供が「家族の誰かが助けてくれる」と思っていたっぽい。そこで、ある課題だけは全く手助けしないようにしたら、期日ギリギリまで終わらないw。ヒィヒィ言いながら5分も集中しない状況が続きましたが、何とか「自力のみ」で課題を終わらせた時「強烈な達成感」を味わったせいか泣いてましたw。その後は急に活発!一気に「自信に溢れたお兄ちゃん」です。家族全体のテンションも上がって、とても良い経験になりました。きっと、うつ病じゃなかったら、子供の感情に対しての感度が悪く、ダラダラをバシバシ叩くだけで、家族みんながイライラしていたんじゃないかな?と結果論ですが、そう思えますし、僕の自信にも繋がりました!とても価値のある経験でした。

 

まんがで叶える 引き寄せの法則 引き寄せの法則 (講談社文庫) ザ・シークレット



はてなブックマーク - うつ病で、ちょっとだけ成長した、嬉しかった事。その1
Pocket

コメントを残す