うつ病がどれだけ悲惨なのか、20代のときに描いていた30代とリアル30代の違いを書いたら分かったw

はてなブックマーク - うつ病がどれだけ悲惨なのか、20代のときに描いていた30代とリアル30代の違いを書いたら分かったw
Pocket

うつ病がどれだけ悲惨なのか、20代のときに描いていた30代とリアル30代の違いを書いたら分かったw

098154
最近、普通にサラリーマンをやっている友人に会ったんだけど、まぁ、お給料が低い会社だそうで、30代後半で年収は300万円だそうで。。僕は一応、技術職だったということもあって、もう少し貰っていましたが。。昨今は非正規、正社員で年収や将来を測ろうとするNEWSやブログ、2chなど多いですが、実は昔からそんなに変わっていないと思ってます。昔も今も、儲からない会社で給料が良い訳がない。地方でも儲かっている会社は、給料が高くて、さらに自社で凄まじい福利厚生を実現してます。

 

1.年収w

おおよそ20代の頃に描いていた年収を、倒れるまで貰っていたと思います。だいたい聞いている範囲の年収でした。都会なら都会のお給料、地方なら地方のお給料、そんな感じです。ほとんど昇給意欲がないタイプだったので、ついた役職は仕事の都合でリーダーとかですw。現在はうつ病と過労で倒れて、逃げるように退職して無職ですから年収ゼロです。世帯年収は奥さんの収入のみ。ギリギリ赤字という生活ですね。子供が小さいので、まだ焦りはありません。焦るより、倒れたんだからジックリと次を考えたいと思ってます。もちろん年収ゼロは20代の頃に想定してませんw

2.社会的地位や家族構成

20代の頃に想像していたのは、それなりの役職に就いて、結婚願望も子供が欲しい気持ちがありましたので、それは倒れる前までに叶いました。少し描いたものと違ったのは、共働きで子育てが思った以上に大変なので、自分たちの両親の世話になりまくる点でしょうか。共働きでも、奥さんが異様に昇給意欲が強いタイプなので、ママだけどガツガツ残業です。ですので共働きの世帯年収としては平均よりは、かなり高かったと思います。あまりに忙しいと、子供が勝手に育ってしまった感じがしてしまいます。これが今では無職ですのでフルフルで子育てですw

 

3.財産的なもの

自分の家は欲しいと思ってました。実家が古いので、結婚前に立て直す話しが出ましたが、僕は身軽にサラリーマンをやりたかったので家族会議で断ってます。結婚して子供が出来て、いよいよ自分達の家を建てる話が出たんですが、棚上げ状態が長く続きましたw。よくある話しですが、やっぱり新居については奥さんと激しい喧嘩になりますw。忙しいので無駄なエネルギーを使いたくないのに喧嘩になりますw。大きな買い物なので、お互いに妥協したくないからですね。僕は「機能美」は許せるんですが、奥さんが天窓がどうしても欲しい!とw。本気で「天窓の予算を稼ぐために残業したら、忙しくて、その窓からお日様は拝めないだろ?」と言い聞かせても折れてくれませんw。で、結局は棚上げ状態です。頭金だけ残ってる状態です。もちろん僕が無職なので棚上げどころか白紙ですw。

4.まとめます!

年収は30代で400万円弱が、現在は「ゼロ」、社会的地位と家族構成は、結婚と子供は叶ったが、現在は「専業主夫で子育て」、財産は「マイホームを建てる」が、現在は借家のまま。うつ病で倒れる前に叶えたもの以外は、全て白紙になりましたね。これが「うつ病の現実」だと思います。うつ病になる前に描いていた「現実的な将来」が全て狂ったと言っても過言じゃないです。とにかく働けない時間が長い病気です。逃げるように退職したのが悪かったのか?悩ましいところです。ただ、家族は、この選択肢に理解を示してくれます。まー、うつ病が末期のときは尋常じゃなかったですからね。呼びかけに応えないし自分で子供の誕生日を忘れてしまい、それに泣いてましたから。。。小さい会社だと「うつ病患者」を抱えてられないのも現実です。なので、小さい会社に勤めていて、自分自身に「うつ病」になる気配があるなら、そこは淡々と早めに「転職」すべきでしょう。きっと会社は社員を助けるノウハウを持たず、辞めていく人間の補充にしか興味がない場合が多いかと思います。そんな状況で僕みたいにダラダラ働いてると、転職どころか、病状が回復せず退職したままになってしまいます。

会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド 退職歓奨 (実業之日本社文庫) たりないお金―20代、30代のための人生設計入門


はてなブックマーク - うつ病がどれだけ悲惨なのか、20代のときに描いていた30代とリアル30代の違いを書いたら分かったw
Pocket

コメントを残す