うつ病の治療が上手く行かない場合に効果がありそうな「考え方」(個人の見解です)

はてなブックマーク - うつ病の治療が上手く行かない場合に効果がありそうな「考え方」(個人の見解です)
Pocket

うつ病の治療が上手く行かない場合に効果がありそうな「考え方」(個人の見解です)

322788
こんにちは。管理人です。しかし寒いですねぇ~、、。まだ1月下旬・・・。僕の住んでいる東北地方は、1月の寒さは「まばら」で2月の寒さは「ずーっと」という感じが伝わり表現かと思いますw。3月、4月も寒くてストーブは片付けられません!毎年、GW頃に暖房器具を片付ける習慣になっております。そういえば東京で働いていたとき、「蛍の光」という卒業式で歌う歌で「窓の雪」というフレーズがあったんですが、「3月の卒業式シーズンに、窓に雪なんか無いよ!」ってツッこんでた友人、羨ましいなぁ~と思いましたw。ということで、今回は「うつ病の治療が上手く行かないとき」というテーマで、僕がやってきた治療というかダラシナイ考え方を記事にしておきたいと思います。

 

1.ググると山ほどヒットする治療法・・・。

正直、ヒット数に驚いてますw。現代病だからってのは分かるんですが、あまりにも様々な方が「うつ病」に関して情報を発信してて・・。で、色々と見ていると、何となく全体の雰囲気が掴めた気になりましたw。不治の病に近い、有効な薬が少ない、その副作用が怖い、医療不信という点も、情報量を多くしているんだと感じました。仮に100%治る病気なら、そこまで情報量が発信されないハズですし。で、思ったんです。僕は「うつ病」真っ最中にインターネットで「うつ病」を調べる気力はなかった。仮に検索しても、情報量が多過ぎて、本当に知りたい事に「到達」できなかっただろう、と。で、末期だと「うつ病」を治す気力も無くなるので、そもそもインターネットすら出来ない。で、そんな「全く何もやる気がしない」時期が必要だと後から気付きましたw

2.ただでさえ「うつ病」がツライときにアレコレ「治療」すると、それが重い目標になるどころか、失敗した、挫折したと感じて「うつ病」そのものが悪化してしまう!

ある「うつ病」サイトを閲覧します。そこに「治す方法」というリンクがありました。で、クリックしたら「30個」も記事が!!で、「こりゃ大変だ・・・」といいながら斜め読みを始めて、5つくらいピックアップする。で、試してみる。徹夜して体内時計を治して、筋トレして、有酸素運動して、カウンセリング、通院、投薬、○○治療法を読んで、三食をしっかり採って、ついでに別の病気を治して、続きそうな趣味を探して…。って、無理です!下手すりゃサラリーマンやってた頃より忙しくなっちゃうじゃないですか!で、普通なら、一つ一つをバカらしくなって止めたり、無駄を省いたりして効率的にやろうとするんですが、ぶっちゃけ「うつ病」のときは「あー、この治療が出来ないから治らないんだ、気分が悪いなぁ」と悪化要因になります。

ただでさえ体調が悪い時期に、多くの目標を掲げて、多くを失敗して、さらに「うつ病」が悪化させてしまいます。僕もハマりました。失敗、挫折ばかり続いて凹む・・・。なので思い切って全ての治療と言う名の「目標」を無視しました。お風呂なんざ知らん。入りたくないんだから。食事も食べたい時に食べる。朝、昼、夜、寝たい時に寝て起きたら起きる。昼間っから○○動画を見る、ピンポーン!来客?無視!などw。全て「やりたい事」のみに生活を切り替えてから、本来の調子が徐々に戻ったと感じました。特にWEB上に記載されている治療法で注意が必要なのは、「休職中だから期間限定!会社に迷惑を掛けない確実な治療を!」といったニュアンスが強いモノです。計画的に治療して、計画的に治る訳がない。治療が上手く行かなかったときの「悪化」が考慮されてないんですね。いや、でも、上手く行かなくてもいい!だなんて思わないでください。上手く行かないことは必ず「悪化要因」になります。なので僕は治療目標を立てないのが最善の治療だと思ってます。

 

3.投薬中の方は気を付けて!勝手に投薬を止めない!

「治療目標を立てないのが最善の治療」とか書いちゃってますが、投薬の治療のみ、必ず掛かり付けのお医者さんに相談してください。ご存知の方は多いと思いますが、途中で投薬を中止してもいいものとダメなものがあります。減薬、それも様子を見ながらってのもあります。その薬が、食後で1日3食なら、自動的に規則正しい生活が望ましい状態になります。そうすると投薬だけではなく、食生活、起床と就寝の治療サイクルを作らないといけません。という事で、投薬だけは絶対に自己判断で止めたり増やしたりしないようお願いします。

4.僕がやった事で「上手くいった」と思えた行動

もう上記に書いちゃってますが、投薬を拒否し、カウンセリングも行かず、まずは身体に良い事を…、と行動を起こしたんですが、挫折ばっかり繰り返すので、「うつ病」に関する治療を全て中止、全て自由に過ごしました。お風呂も入らず、来客も無視w。歯磨きも面倒ならしなかった。夕方に起きて朝に寝る。食事は食べたいモノばかり。とりあえずボーっとYoutubeを見る。テレビは怖いと感じる情報が流れるので、youtubeは、ずーっと面白動画とかをエンドレスで流すw。○○動画も見たいときに見ました。流石に子供が居る時は遠慮しましたが・・。ちょっと調子が上がった頃に急に旅行に飛び出したり、ああ、アイスクリームを自作したってのもありましたw。食事なんざ好きなカップラーメンのみとかw。外に出たい!と思ったり、邪な(よこしまな)気持ちに従ったり…。脳ミソからの欲求を満たし続けると、今度は「意欲」が普段より多く湧き出してくる事に気付きます。その頃には「頭の回転」も回復を感じますので、楽しい事が増えたりします。やってる事はクズ無職の穀潰しそのもの。でも、これで良くなるんですよ??

うつから自分を救い出す具体的思考法 気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる 「うつ」の捨て方―考え方を変えるために考える


はてなブックマーク - うつ病の治療が上手く行かない場合に効果がありそうな「考え方」(個人の見解です)
Pocket

コメントを残す