うつ病を患ったから分かる【これからうつ病になりそう】と感じる方の状況

はてなブックマーク - うつ病を患ったから分かる【これからうつ病になりそう】と感じる方の状況
Pocket

うつ病を患ったから分かる【これからうつ病になりそう】と感じる方の状況

108439
こんにちは。管理人です。はい、急に暖かいし、そうは言ってもコートが手放せない…。日中は少し暑くて、朝と夜が寒いと衣類の調整が混乱しますねw。とりあえず風邪を引きたくないので厚着はするんですが、汗ばんで、今度はそれで風邪を…、となかなかアホな生活を送りつつ頑張っておりますw。ということで、今回は、うつ病と戦った僕が感じる「これからうつ病になりそう」な方と、その状況なんかを書いておきます。文章を書くのが苦手なので、読みにくい記事ですが、うつ病を体験したことがない専門家の方々よりリアルに、そして急所を突いた内容になっていると思います!

代表的なストレスを1つ2つ解消しても状況は変わりません。

「うつ病」と検索するだけで、山ほど治療方法や、カウンセリングの相談の案内、何やら何までヒットして面喰いますねw。で、そういったサイトを「うつ病に罹りそう」な時期に調べますよね。※うつ病になってしまうと、症状が軽くならないとインターネットする気力もないし、そもそも頭に入らない…。)で、アンケート形式みたいなWEBサイトで、色々と選択して7個以上もヒットしてしまった!ああ、気を付けないと…、という経験がある方が多いと思います。
あの「個数」の増減で、うつ病の危険度サインを表現するのは素晴らしいと思います。例えば、仕事のミス「だけ」では決して「うつ病」になる事はなく、それが引き金になって、様々な方面で悪い方に考え、悪い方を選択し続けてしまうため、明らかに「うつ病」のサインは増加しますので、とても分かり易い表現だと思います。

良くあるのが「上司に仕事の質問を投げ掛けにくい」という状況。

上司しか知らない仕様、上司の判断を仰ぎたい仕事を、上司に聞きたいんだけど捕まらない…、機嫌が悪くて質問しにくい…。で、とりあえず保留にしてしまいます汗。課題を管理する表に書いておくだけ、とか、メールだけ、とか。そうなると、後で問題になって「どうして聞かなかった?」と問い詰められて落ち込んだり、その問題が気になって他の仕事が甘くなる。終いには聞けばいい、聞けば終わってしまう事なのに、自分で調べ始めて何時間も消費、後からジワジワと自分の体力を奪う事になります。
たった1つの対応ミスで「上司との関係が悪くなる」、「仕事に集中できない」、「遅くまで残業して疲れる」等という「うつ病に繋がりやすい」状況に至ってしまう訳です。さらに、そこから様々な問題が湧き上がり、平行して自分に降りかかって来ます。こういった依存関係があるので、今回の例では「遅くまで残業して疲れる」のが無くなったとしても、根本的な事を解決していないので、さして状況は変わりません。
 

ストレスが解消されずに長く続く状況から怪しくなります。水風船みたいなものです。

誰しも数値化できないけど、精神的にストレスを抱え込める「容量」というモノがあると思います。50個の問題点を抱えて、潰れるか潰れないかの差。ここで専門家の方が見逃しがちな点は、その50個を抱えている期間だと僕は思っています。水風船をイメージしてみてください。少しの水を何度も素早く出し入れしたところで、そこまで伸び切ってダメになることはありません。が、水を入れっぱなしにして放置すると、水を出した時に弱ってしまっていて元に戻らない。水の量はそこまで大きな問題にはなりません。
これを私生活に置き換えると、ずーっと苦手な友人、上司、不得意な分野に晒される、ずーっと終電が続く、など、これらの「水」を吐き出せない状況が続けば、弱り続けますし、元にも戻りにくくなってしまうと言えるかと思います。

付きっきりで助けられ始めると危ない。

付きっきりで助けられ始めると徐々に危ない状況に至る場合が多いと感じてます。部下を放任したり、誰かに研究課題を任せっきりで、それなりに成果を出しているので、要所だけはフォローする。が、このやり方が全て上手くいく訳ではありません。問題が起きた時に、付きっきりで相手を助けると、本人が今まで築き上げてきたノウハウの多くを否定したり、本人のプライドを傷付けたり、自信を喪失させてしまいガチです。2週間前後も上司と一緒になって仕事してる。。しかも罵声を浴びせながら、自分の仕事をしながら…。こんな状況が長ければ長いほど、フォローされてる側は申し訳なさに耐えられなくなります。
ココで忙しくなければ、責任者が全て仕事を引き継いて、本人には別の作業を振るべきなんですが、タイミングや巡り合わせで、それが出来なかった。で、上司1人じゃなくて、今度は周りも騒ぎ始めて、皆で揃って終電、徹夜、休日出勤…。僕はこのパターンで居なくなった方、うつ病になった方を非常に多く見てます。いたたまれない状況は、うつ病を一気に加速させます。

【超重要】ストレス解消にも体力が必要だと気付かないと抜けられません!!

本人の疲れ方にもよるんですがストレス解消にも体力が必要な訳です。当たり前なんですが、個人的に「お酒」だけでストレス解消できる上司との付き合いは辛かったですw(僕は少ししかお酒を飲めません)。お酒を飲めない人は、酒席そのものがストレス解消にならないので、上司、お客さん、同僚との飲み会で、また体力を消耗してしまう訳です。同じ24時間の休みでも、4時間の酒席だと、飲めない人だけ20時間に減らされるだけです。
一方、飲酒でストレス解消できる方は、24時間の休みのなかで4時間もストレス発散に時間を使えた訳で、あとの20時間は休めばよい。飲めないひとは20時間で、身体を休めて、かつストレス発散しないといけない訳です。非常に不利になりますね。昔ほど酒席に強引に誘われない風潮になってきてますが、飲めない人、飲みたくない人を酒席に誘うのは、時間も奪ってストレスも発散させない事に繋がります。個人の体力や、プライベートの状況などで変わりますが、同じだけ休んでも、気力、体力の回復が遅いと感じる方は、人よりも必ず長めに身体を休めるように心掛けてください。
僕は土日だけではなく、忙しさが緩和され始めた時期は、月曜日の午前中に休むようにしてました。かなり違いましたし、休むと決めたから、色々と土日に遊んで、月曜日に寝坊できるのは、非常に「幸せ」を感じましたw。ぶっちゃけ月曜日の午前中だなんて、誰だって憂鬱で、あまり仕事の内容や効率も「良いモノ」だと感じません。だったら、思い切って午前中だけ休む。適当に用事があると会社に伝えればいいと思います。その内容までは調べられませんし、かりに嘘がバレても、その用事を土日に済ませる事が出来たので、普通にリフレッシュさせて頂きました!と回答してしまいましょう。そこを責める上司は頭がオカシイと思って逃げてくださいw。

「バカ上司」その傾向と対策 (集英社新書 436B) お願いランキングで1位を獲得した安眠グッズ  ナイトウェーブ(NightWave) モーツァルト療法 ~音の最先端セラピー ~3.癒しのモーツァルト ~耳と脳の休息の音楽 ~


はてなブックマーク - うつ病を患ったから分かる【これからうつ病になりそう】と感じる方の状況
Pocket

コメントを残す