うつ病と歯。確かにうつ病中は悪くなります。

はてなブックマーク - うつ病と歯。確かにうつ病中は悪くなります。
Pocket

うつ病と歯。確かにうつ病中は悪くなります。

425563
こんにちは。管理人です。最近、また歯を治療してきました。。何かのショックで歯が欠けたそうで、信じられないんですが、神経にもダメージがあったそうで…。神経を取っ払ってきました。。結構、危篤でした汗。ということで、うつ病と歯について、ちょっと体験したことを記事にしておきたいと思います。

 

一般的に精神疾患で虫歯や歯周病は悪化すると言われてます

インターネットで調べると、多くの検索結果が表示されて驚くんですが、うつ病に伴って免疫力が低下することから、口腔内のトラブルが増加すると言われております。虫歯も歯周病も「菌」が主体になる病気ですから、免疫力が低下している状況下では悪化するのは間違いなさそうです。
また、逆もあるようで、歯医者が怖い、歯並びが悪い、虫歯が痛い、といった理由で軽いうつ病になる事もあるそうです。僕も虫歯がウズウズしているときに、夢で抜歯してます汗。歯周病?で、歯茎から膿が出たこともありますが、この時も抜歯の夢ばかり見てました。
それに、僕がうつ病の末期症状の時期に、急激に痩せたんですが、出ているお腹が凹むだけじゃなく、きっと歯茎も痩せたんだと思います。いずれにせよ、歯とうつ病はリンクしているようですね。

精神的に「歯磨き」する気も起きません

うつ病が悪化すると「どうでもいい」と思える事が多くなり、歯磨きも雑になった記憶があります。1日サボる事もあれば、磨く時間も短かったり、丁寧に磨かなかったり…。ダメになった歯ブラシを変えなかったり…。うつ病が重症になると、お風呂や衣類の着脱も面倒になってしまいますので、歯磨きが高等な生理現象に思えた事もありますw。
なぜだか分かりませんが、うつ病の程度にリンクするように、口腔内のメンテナンスの程度が変わりますw
 

うつ病中に僕が感じた口腔内の変化

僕の場合、年齢的にも、体力が落ちたりする時期(30代後半)ですので、うつ病に関係してます!とまで言い切れないのですが、うつ病を患っている時期に「歯茎の色が変わる(悪くなる)」「クチの中が冷たい」「膿がでる症状が増える」「痛みが強い、治りが遅い」という症状を経験しました。
クチの中が冷たいのは神経を抜いた銀歯だったからかもしれません。膿がでる症状は、菌が原因ですので、うつ病中に免疫力が低下した症状そのものだと思います。痛みが強い、治りが遅いのは加齢が原因で敏感になったり、血流が悪くなったりしてきているのが原因だと思いますが、うつ病の頃に強く感じました。

うつ病中の歯の治療について

あくまで個人的な意見ですが、緊急じゃないのであれば、うつ病が落ち着いてから歯科へ通院した方が好ましいかと思います。
上記しましたが、痛みの強さと治りの遅さから、異様なまでに歯医者が怖いと感じます。その恐怖は、確実にうつ病の悪化原因になるかと思います。正直、お金があるんだったら全身麻酔で一気に治療すべきだと思いますw。
また、歯医者への恐怖が、うつ病の悪化に繋がる原因として、治療期間が長い点も挙げられるかと思います。
虫歯の程度にも依存しますが、例えば3本の虫歯、その内に1つ銀歯ってなると…。6回前後の通院が必要になります。1週間から10日に1回の治療だと考えると、2カ月前後の歯医者通院。その間、ずーっと怖い!と思うのが、うつ病の治りを悪くさせる、回復を遅くさせるかと思います。うつ病が辛くて会社を休職、せっかく休めるんだから歯の治療でも…、というのは、少し考え直した方が良いかもしれませんね。
休職期間は、うつ病の治療に専念し、復職して落ち着いてからでも、充分に歯の治療を行う時間、あと大事な「気力」もあると思います。うつ病を長引かせないために、うつ病の治療期間(特に休職中)には歯科治療の予定を入れない方が、僕は好ましいと感じます。
※最終的にはカウンセリングなどで相談してみてください。また、歯医者さんに寄っては、事情を考慮して集中的に短期で治療してくれるかもしれません。
違う歯医者を2つ同時に通って短期間に治療を終わらせる方法は、歯医者さんとの信用問題に繋がることがあるので、必ず相談してから実行してください。

コンクールF 【第3類医薬品】アセス 180g 【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(マスカット)

 

はてなブックマーク - うつ病と歯。確かにうつ病中は悪くなります。
Pocket

コメントを残す